−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所21〜25番までを紹介


狭山丘陵の一角に佇む23番の密厳院

多摩湖の東側の狭山丘陵の一角に佇む密厳院と近くに咲くポピーの群生(所沢市山口)






 21番・虚空蔵菩薩           21番・圓通寺は八王子市煬賜ャにある

札所21番 恵日山 圓通寺 <虚空蔵菩薩>

◆21番は、唯一、八王子市にある(高月町)札所で、奥多摩札所の中で一番南側に位置する。
また、圓通寺は、「関東108地蔵103番」の札所を兼ねる。
すぐ北側を流れる多摩川にかかる東秋川橋を越えると、
あきる野市に入り37番・慈勝寺へと続く。







22番・心月院の大師堂            22番・薬師如来

札所22番 福昌山 心月院 <薬師如来>

◆青梅市御岳1にある22番の心月院は、御岳駅から前の御岳橋を渡り
吉野街道を右に進むと高台に見える。
寺は無住で、朱印は堂内にあり自分で押す。(番号印と宝印のみ)
しかし寺印は別途、畑中の寿香寺で頂く。







23番・薬師如来          シランが咲く23番・密厳院の大師堂

札所23番 菩提山 密厳院 <薬師如来>

◆密厳院は多摩湖の北側(所沢市山口)にあり、周りはのどかな風景が続く。
西側には42番・清照寺や52番・金乗院がある。

23番は開創当時、青梅市柚木地区にあったが廃寺で、
密厳院に移管されたが、この納経帳が出された時にはまだ柚木地区にあった。





24番・新光寺の石仏           24番・虚空蔵菩薩

札所24番 遊石山 新光寺 <虚空蔵菩薩>

◆新光寺は、所沢市宮本町1にあり、「武蔵野33観音10番」を兼務する。
境内にある露座の石仏群は、この奥多摩24番を含め、
毎年暮れに高圧洗浄され、きれいにされると云う。
また、通りの反対側には68番・実蔵院がある。
更に、境内の下には、東川が暗渠となり通っている。






25番・地蔵菩薩          25番の大師堂は小曽木一丁目会館脇にある。 

札所25番 小曽木一丁目会館 <地蔵菩薩>

◆25番の大師堂は、青梅市南小曽木1の小曽木一丁目会館脇にある。
25番は、長らく「海蔵院(ケゾウイン)跡」として紹介されているが、今はその名を知る人はあまりいない。

その昔、ここに海蔵院という、近くの安寧寺と法縁関係の寺があった。
ある時、寺は売られ、その部材は川越に運ばれて別の寺院に利用された。
そしてその跡地の一角に大師堂は建てられた。
のちに跡地には小曽木一丁目会館が建った。堂は、高台にあるため眺望が良い。
朱印は、道向かいの島崎宅で管理。寺印は、「津照密寺」写、である。





札所16〜20番へ   札所26〜30番へ