−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所31〜35番までを紹介


紅葉の中を走る御岳山ケーブルカー

紅葉の中を登る御岳山ケーブル。
ふもとの滝本駅(407m)から、御岳山駅(831m)まで高低さ424mを6分で結ぶ。
更にその先を歩くと、札所26番と31番がある原島荘につづく。






31番・文殊菩薩         左から31番と26番の大師堂全景

札所31番 原島家 (御岳山) <文殊菩薩>

◆大師堂は、御岳山御師集落にある旅館・原島荘入口で、参道の脇にあり、26番と並んで安置されている。
旅館が入り組んで立ち並んでいるが、みな歴史を感じさせる。一番奥が原島荘。
中には都の有形文化財になっている御嶽神社御師の屋敷もある。
御嶽神社へは、この集落から上に数百段登ることになる。
左下の寺印は、「竹林密寺」写となっている。





32番・歓喜寺の大師堂           32番・十一面観音

札所32番 岸高山 歓喜寺 <十一面観音>

◆飯能市岩渕にある歓喜寺は通常無住で、朱印依頼は寺総代長(山田氏)に連絡をとる。
5月〜10月の第一日曜日の午前中は
檀家が境内を清掃するので、伺えば朱印は頂ける。
また、春と秋の彼岸の休日には、
法事や墓参りの人のため本堂が開くので、伺えば朱印が頂ける。






33番・薬師如来           33番・宗禅寺の札所本尊。石仏ではなく木像である。

札所33番 医王山 宗禅寺 <薬師如来>

◆宗禅寺(ソウゼンジ)は、奥多摩街道沿いの羽村市 川崎2にあり、近くには86番・永昌院がある。
本堂左側に薬師堂があり、中に薬師如来や観音菩薩と並び、右手に33番が安置されている。
本尊は、開山所内ある2番と同じ木像。






34番の大師堂は持田家にある           34番・薬師如来

札所34番 持田家 <薬師如来>

◆青梅市梅郷4にある16代続くという持田家は、
13番・天沢院から北側に歩いたところにある小林梅園のそばにあり、入り口の門には「梅鶯庵」の扁額がかけてある。
大師堂は、邸内南側にある急な斜面を登ると中腹にある。







35番・薬師如来              35番の大師堂は豊岡温故公園にある。

札所35番 豊岡温故公園 <薬師如来>

◆35番は入間市豊岡1-7にあり、
当時高岡整形外科病院の道路向かい側の丘の上にあった地蔵堂のそばにあったが、
昭和63年11月、区画整理事業のため、南側の豊岡温故公園内に移動した。
何も表示がないので、奥多摩札所の石仏とは気がつかないが、
2010年に「南無大師遍照金剛」ののぼりが奉納されて
札所の目印になっていたが2016年には無い。
朱印は、74番の蓮華院で管理。
左下の寺印は、「医王山鏡智院清瀧寺」写となっている。





札所26〜30番へ   札所36〜40番へ