−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所41〜45番までを紹介


飯能市 天覧山の展望台から市内を望む

埼玉県飯能市にある天覧山の山頂にある展望台より市内が一望できる。
晴れていれば右手には富士山、左手にはスカイツリーが望める。
近くには飯能市郷土館、少し南へ歩くと64番の観音寺へと続く。





41番・十一面観音           41番・龍圓寺の大師堂

札所41番 龍岳山 龍圓寺 <十一面観音>

◆入間市新久の龍圓寺では、2009年11月に観音堂新築に合わせ大師堂【写真上】も新築され、
その際に専用納経帳の復刻版が100冊、近くの檀家手作りにより寺に奉納された。
其の時、「南無大師遍照金剛」ののぼり旗も奉納され、開山所や札所の一部にも奉納されている。
また「武蔵野33観音20番」を兼務し、東側を少し行くと46番の東光寺も近い。








42番・清照寺の大師堂         42番・大日如来

札所42番 星見山 清照寺 <大日如来>

◆所沢市上山口の清照寺は、狭山湖北東の山間部を上がっていくと見えてくる。
周囲は里山がそのまま残されているような、のどかな雰囲気が漂う。
そばには狭山湖の堤防が見える。






43番・千手観音            43番・東光寺(青梅市)の大師堂

札所43番 大柳山 東光寺 <千手観音>

◆この奥多摩札所には、東光寺が43番と46番の2ヶ寺あるが、
こちらは青梅市青梅にある43番の寺院で、「多摩新四国88ヶ所48番」を兼務する。
西に進むと54番の金剛寺がある。
南側には、多摩川が巾着のように蛇行しており、その一角は「釜の淵公園」と呼ばれ、
川遊びなどに人気のスポットである。






44番・明光寺の大師堂 2013.5.5 巡拝           44番・十一面観音

札所44番 高竹山 明光寺 <十一面観音>

◆国道407号、狭山市根岸2の交差点東側近くにある明光寺は、
2009年9月に境内を整備し、その際この大師堂も新築された。
本堂には、高尾山別院とあるが、
大正時代に高尾山薬王院より飯綱大権現を勧請した事から由来する。
右側の案内板は「紙本地蔵十王図」についてである。






45番・不動明王




札所45番 <不動明王> 石仏無し

◆納経の岩屋寺とは、愛媛県の四国45番・岩屋寺からきている。

かつて天覧山に登る途中の十六羅漢像手前に45番の石仏はあったが、
2013年〜14年頃に無くなった。









札所36〜40番へ   札所46〜50番へ