−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所51〜55番までを紹介


70番・梅岩寺の裏山参道に咲く曼珠沙華の群生

70番・梅岩寺の裏山に続く参道に咲くマンジュシャゲの群生。






51番・薬師如来           51番・石倉院の大師堂

札所51番 金峰山 石倉院 <薬師如来>

◆岩倉温泉から程近い民家の間の細い道を上がっていくと石倉院が見えて来る。
寺院(青梅市小曽木5)は無住で、朱印は案内板に従い近くの大串宅が管理。
また、手書きの納経の場合に墨書きは、西側に少し離れた曹洞宗の高徳寺で。
左下の寺印は、「熊野山」写、となっている。
これは、四国51番・熊野山 石手寺から取ったものであろう。





52番・金乗院の石仏            52番・十一面観音

札所52番 吾庵山 金乗院 <十一面観音>

◆山口線の西武球場前駅で下車。右手奥に山口観音・金乗院(所沢市上山口)がある。
赤い山門をくぐり階段を上がると、茶店が並ぶ本堂前の参道に出る。
そこに52番を含む4組の石仏が並んでいる。
またその近くのお堂には、奉納された等身大の白馬や、一枚板に彫られた数十頭からの馬の彫刻もある。





53番・阿弥陀如来          53番・仏眼寺の石仏

札所53番 王禅山 佛眼寺 <阿弥陀如来>

◆所沢市久米地区は、広大な松ヶ丘住宅があり、その東側の斜面に仏眼寺はある。
近くには、新田義貞を祀る将軍塚や丘陵の散策路が多数あり、休日はハイカーで賑わう。
石仏は、本堂左に併設の薬師堂内に安置されている。







54番・金剛寺の大師堂         54番・不動明王

札所54番 青梅山 金剛寺 <不動明王>

◆青梅市天ヶ瀬の金剛寺は、枝垂れ桜で有名な寺院で、その時期になると大勢の観光客が訪れる。
石仏は、本堂隣りの大師堂に安置され、御詠歌額も掲げてある。
近くには、43番・東光寺や70番・梅岩寺がある。
また、当寺は多摩新四国88ヶ所47番を兼務する。







55番・大通智勝仏            55番・清泰寺(飯能市)の大師堂

札所55番 清流山 清泰寺 <大通智勝仏>

◆清泰寺も2ヶ所あり、55番は飯能市中居にある真言宗の寺院。
周辺には28番・智観寺や東に進むと57番・円泉寺、また高麗坂東33観音の寺院も点在する。
北に向かうと宮沢湖があり、湖畔一周(早足で約15分)の散策も良い。
本尊は、めずらしい「大通智勝仏」

また、納経帳では55番と56番の本尊が逆に書かれているが、
制作時に、同じ清泰寺というので、書き違えたと思われる。ここでは墨書きをコピーして
右上の番号の本尊御影と合わせてある。






札所46〜50番へ   札所56〜60番へ