−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所71〜75番までを紹介


75番・平等院本堂

75番・平等院周辺は豊かな自然に包まれ、木々が茂ると本堂が隠れるほどになる。






  71番・千手観音          71番・雲慶院の大師堂

札所71番 太平山 雲慶院 <千手観音>

◆青梅市沢井2の雲慶院は、沢井駅の北側にありホームからも見える。
おおきな萱葺き屋根が特徴で、周りの景色にすっかり溶け込んでいる。
駅から南へ出ると楓橋があり、御岳渓谷一帯が見渡せる。
大師堂は本堂左側の奥にある。






72番・普門院の大師堂            72番・大日如来

札所72番 上洗山 普門院 <大日如来>

◆所沢市上新井の普門院は、「武蔵野33観音11番」と「奥多摩88ヶ所48番」を兼務する。
また石仏は、通常 大師像は左だが、ここは右側にある。
しかし、開創当時は左側にあったが、途中、堂を新築した際、反対に置かれたようだ。







73番・釈迦如来           73番・仏蔵院の大師堂

札所73番 王辰爾山 佛蔵院 <釈迦如来>

◆県道55号線沿い、所沢市山口の佛蔵院は、「狭山33観音2番」の札所を兼務する。
周辺には、23番・密厳院や53番・仏眼寺、また狭山33観音の寺院が点在している。








74番・蓮華院の大師堂             74番・薬師如来

札所74番 世音山 蓮華院 <薬師如来>

◆蓮華院(入間市春日町2)の本堂右手に74番と76番の大師堂がそれぞれある。
また、35番の朱印も管理。








75番・弘法大師    75番・平等院・薬師如来    75番・薬師如来

札所75番 朝日山 平等院 <薬師如来>

◆平等院は真言宗善通寺派の寺院で、飯能市 美杉台住宅の北東側に位置し、
木々に囲まれた閑静な所にあり、特に夏から秋は木の葉でこんもりとして
建屋が隠れるほど自然に溶け込んでいる。






札所66〜70番へ   札所76〜80番へ