−奥多摩新四国八十八ヶ所遍路−

札所81〜85番までを紹介


沢井駅の高架橋。寺院風の屋根がついています。

青梅線 沢井駅にある高架橋の駅舎は寺院風の屋根で、
右に渡るとすぐ71番・雲慶院がある。
さらに、寺院前の道は旧道で狭いが、
下の国道411号(青梅街道)とは一味違った高台の風景と眺望の中を、
のんびり歩くのも気持ちが良い。





81番・千手観音        81番の大師堂はトンネルの上の山中にある

札所81番 大徳院 <千手観音>

◆奥多摩町棚沢にある81番の大師堂は、
鳩ノ巣トンネルの上にあるが、そこへのアプローチはかなりの急斜面で、
草木を掻き分けて進む険しい所である。

大徳院とあるが、別にそこに寺院があるわけではない。
武田家の菩提寺である墨田区両国の大徳院が、ここに81番を安置した事に由来する。
またこの一帯、サルの群れがいくつかあり、運が良ければ見かける事もある。
朱印は、トンネルの脇道を入った小林燃料店で管理。





82番の大師堂は大沢家山中にある               82番・千手千眼観音

札所82番 大沢家 <千手千眼観音>

◆白丸駅を北西側へ細い道を進んでいくと、
突き当たりに朱印を管理する渓山窯がある。
その南側に回ると大師堂があり、奥多摩の山々が眺望できる。
朱印は自分で押す。
この札所も在家なので、寺印の下に「写」の字が入り、
四国82番の根香寺の写しという事になる。





83番・聖観音         83番・周慶院の大師堂

札所83番 瑠璃山 周慶院 <聖観音>

◆奥多摩駅近くの高台に曹洞宗の周慶院(奥多摩町氷川)はある。
表通りから寺に行くには、かなり細い道をくねくねと登っていく。
時期になると、大師堂の周りはシュウカイドウの花に囲まれる。
庫裏の手前にある池の上側に大師堂がある。





84番・弁天峡の大師堂           84番・十一面千手観音

札所84番 弁天峡 <十一面千手観音>

◆国道411号、奥多摩町氷川の弁天池の右奥の少し高くなっている所に大師堂がある。
目印は、井登屋商店の向かい側。

昔は、弁天池近くの「木村家」が管理していたので、その名がある。
現在、朱印は83番の周慶院が管理しているが寺印はない。






85番・聖観音          85番・小林家の大師堂

札所85番 小林家 <聖観音>

◆小林家(奥多摩町氷川)は、弁天峡から少し行った高台にある奥多摩病院の
さらに上にあり、その道は細くくねっている。
目印は慈眼寺で、朱印管理の小林家はその慈眼寺境内を右奥に進んだところにある。
大師堂は、その小林宅の裏山を登った上にある。この堂は2003年に作られた。






札所76〜80番へ   札所86番〜番外へ